初めてバイクを購入する時のポイント

初めてバイクを購入する時のポイント

初めてバイクを購入する時のポイント

 

 

道路を走っていると様々なバイクを見かけます。同じバイクでもいろんな種類があり、形や特徴も様々です。バイクに興味を持ち始めたばかりの人にとっては、どこが違うんだろうと疑問に思ってしまいます。バイクには、それぞれコンセプトがあり、おおまかな目的があります。実用的なものから趣味性が高いものまでそれぞれ異なる特徴があります。例えば高速道路を快適に高速巡航するためのバイクもあれば未舗装の険しい山の中を走るためのバイクもあります。新聞配達やピザの配達に特化したバイクもあれば、通勤に向いたバイクもあります。

 

 

どんなバイクもきちんとしたコンセプトに基いて何度も試験を繰り返し作られています。そのためバイク選びをする時は、数多くあるバイクの中からどんなジャンルがあって、どういう目的で作られたかを理解して選ぶ事が重要です。それでは、まず、ジャンルを見ていきましょう。

 

 

ジャンル選び

 

たまたま見かけたバイクがかっこよくてほしくなったという人もいると思いますが自分のバイクの利用目的とあまりにもかけ離れたジャンルを選択してしまうと購入した後に使い勝手が悪く、すぐ手放してしまうことがあるのでまずは、ジャンルを大まかに理解して自分にあったジャンルを知っておきましょう。

 

 

大きく分けると3つです。舗装路を走る目的で作られたオンロードバイク、未舗装路を走る目的で作られたオフロードバイク、舗装路・未舗装路のどちらもソコソコ走れるデュアルパーパス

 

 

オンロードバイク

オンロードバイクのジャンルのバイクをいくつか見ていきましょう。一つ目は、スーパースポーツ。レーサーのようなフルカウルを持ち、速く走ることに特化したバイクです。サスペンションも固めで乗車姿勢も前傾で窮屈なため、長距離ツーリングや街乗りには、あまり向いていませんがサーキットで楽しみたい人には、これが一番です。2つ目は、ネイキッド。カウルを持たないバイクです。例外的に部分的なカウルを持つバイクも含まれます。カウルがないので高速走行時に風の影響をもろに受けますが街乗りからツーリングまでこなせるオールラウンドなバイクです。3つ目は、クルーザー。クルーザーは、長距離のツーリングなどでゆったりと巡航するのに適したバイクです。低重心で加速もスムーズで安定感があります。エンジンの鼓動が大きな特徴となっていて比較的2気筒のものが多いです。昔よく呼ばれたアメリカンも最近では、クルーザーに分類されています。

 

 

オフロードバイク

次は、オフロードバイクのジャンルのバイクを見ていきます。1つ目は、モトクロッサー。未舗装路を飛んだりはねたりしながらガンガン走るバイクです。2つ目は、ミニモト。こちらは、小排気量で車体がとても小さいです。元々子供用のモトクロスバイクとして登場したが大人向けにリセッティングされ小さい排気量ながらジャンプやスライドが楽しめます。

 

 

デュアルパーパス

次は、デュアルパーパス。デュアルパーパスは、基本的に車体は、オフロードバイクのものだがオンロードも快適に走れるようなサスとタイヤになっています。デュアルパーパスの中には、舗装路・未舗装路は、問わず長距離ツーリングをすることを目的に作られたアドベンチャーなどがあります。

 

 

 

中古と新車のどちらにするか?

 

 

バイクを購入する時に最も気になるのが価格だという人も多いでしょう。買いたい車種があっても新車だと手が出ないから中古で探すそうという人もいるでしょう。ただし、安くなればそれだけリスクが高くなります。ここでは、中古で買う場合と新車で買う場合のメリットとディメリットを見ていきます。

 

 

新車のメリット

新車のメリットは、ハズレがないということです。当然前のオーナーがいないのでどんな乗り方をしてきたか心配する必要もないので当分は、故障の心配もありませんし、故障で急に大きな出費が必要になる可能性も低いです。新車で購入すれば保証がついている場合も多いですし、そのバイクの最高の状態を楽しむことができます。

 

 

新車のディメリット

新車のディメリットは、購入費用が高くなることです。これは、リスクをお金で買うということになるので仕方ありません。特に初めてバイクを購入する人にとっては、新車の方が良いでしょう。他には、選べる車種が少ないということがあります。新車で販売されているのは、現在生産されているモデルとなるので過去の生産終了モデルは、買えません。

 

 

中古のメリット

次に中古のメリットです。中古の場合は、過去の全てのモデルが対象となるので選べる範囲が広いです。同じ車種、年式のモデルでもカスタムしているバイクもありますし、選択肢は、いくらでもあります。新品よりかなり安く買えますし、オークションなどで個人から直接買うと更に安く手に入れることができます。

 

 

中古のディメリット

ディメリットは、価格が安い分、ハズレをひくことがあるということです。バイクというのは、乗れば乗るほど各部が消耗していくものです。定期的にメンテナンスをして部品も変えていかなければいけません。前のオーナーがひどい乗り方をしている場合、外見から確認出来ない部分がひどく劣化してきている可能性があります。また事故を起こしてフレームが曲がっていたり、修理されている場合もあります。事故に繋がる問題を含んだバイクもあるので安く変えても事故して怪我をしたとなれば本末転倒です。また買った後、すぐ壊れて高額な修理費が必要になることもあります。また古いバイクになると修理したくても必要なパーツがない場合もあるので注意が必要です。そういうリスクを含めて安く買えるのが中古ということを知っておきまそう。中古バイクを買う場合、目利きが必要なのでそれが出来ない人は、新品を買っておいたほうが無難です。またショップ選びも重要なので評判が良いバイクショップで購入するようにしましょう。

 

 

新車か中古車のどちらにするかの口コミ

 

 

バイクの値落ちの悪さは異常だよ。車なんかドイツ車で3年で半値以下になるのにバイクは、10年で半値って車種もザラにある。賢い人ならバイクは新車で買って、車は、中古を買う。

 

 

新車で購入して自分で何の整備もしないよりは、中古で購入して自分で整備しながら乗った方がいい経験になってよりバイクに興味が出てくるよ。

 

 

4ストの原付は、基本は頑丈だから自分で全ての消耗部品を交換すれば中古は凄く安い買い物になると思うよ。できない人は、新車を買いなさいって話。

 

 

SR400の中古は、特に年式が参考程度にしかならない。見た目がノーマルでもカスタムした後にノーマルに戻したやつもいっぱいあるし、メーターが交換されると走行距離もたいして参考にならないし。それにカスタム車は、ちゃんと見極めないと高確率で地雷を引くよ。自分で見てわからないなら新車の方が安全。

 

 

俺は、絶対中古なんか買わないわ。だって今だにメーター戻して売ってる業者あ、山ほどいるから。

 

 

俺も下取りに出したバイク屋がメーター戻して売ってた。下取りに出した時は、走行距離が25000kmだったのに9000kmで売ってた時は、唖然としたわ。あれ以来、中古バイクを買うのは、辞めたわ。

 

 

中古のバイクを選ぶ時は、シャッターキーの傷付き具合やシートのヨレとかも参考になるよ。

 

 

使い潰すつもりなら中古の掘り出し物で十分。もちろん整備を自分でやることが前提。中古を購入して店に整備を頼むなら新車でいい。

 

 

ボロい中古の原付を買うと1年後くらいに駆動系とタイヤ交換が来るからその出費で数万円になる。おんぼろスクーターを売る店は、納車整備で消耗部品が限界ギリギリまで交換しないから。

 

もし中古車で社外の安価のマフラー変えてある場合は、空ぶかしの常習者が乗っていたと見なした方がいいよ。ニュートラルに入れられないスクーターで空ぶかしすると駆動系、特にクラッチに不要な負荷がかかるから走行距離以上に痛んでる可能性があるので選ぶ時は、気を付けた方がいい。

 

スクーター初心者なら5万円とかの原付に手を出さない方が賢明。現状渡しで5万円で買えてもちょっと乗ったら直ぐに部品代と工賃でかなりの出費になるよ。例えば現状渡しの走行距離14500kmだったらVベルト・クラッチシュー・WR・前ブレーキパット・後ろシュー・プラグ・エアクリ・オイル交換・タイヤ前後、水冷ならクーラントも交換。これで部品代が3万円弱。プーリー・フェイス・ボスも減ってる場合は、4万円弱かかる。さらにバイク屋でやってもらう場合、工賃がプラス2万円位かかる。これらの消耗品を交換しても、電球切れたり、バッテリー切れたり、ワイヤー切れたり、安い中古のバイクは、いろいろ問題が出てくる。もちろん自分で弄れる人には、ベース車としては安いの買うのは、ありだけど。

 

ホンダの2stスクーターは、35000kmぐらいでクランクが逝くことがある。Dio系やリード100の前期型などの2ストエンジンがクランクベアリングに構造的欠陥を抱えていることは業界では有名。クランク一式交換で10万円近くかかるから普通は、買い替えになる。ホンダの4stエンジンで5万km以内にクランクベアリングが逝くことは、オイル交換ずっとさぼってた人為的ミスによるものがほとんど。中古買うならその辺を含めて考えてからにしたほうがいい。

 

俺は、原付二種スクーターは、3〜4年で買い換える事が多い。走行距離5万kmとかでベルトは2回は交換する。5万km乗るとさすがにサスペンションがヘタって駆動系とタイヤを新しいものに交換しても昔のようには走らなくなる。2ストは、エンジンもヘタってくるから、もっと厳しい。エンジンは、バラせばなんとかなると思うけど金がかかる。だから数万km乗ったスクーターとかいくら安くても中古で買う気がしない。

 

 

売れない安い中古バイクの現状渡しは、「整備しました」と言ってもせいぜいオイル交換・バッテリー充電・空気圧の調整くらいしかしてくれないよ。

 

 

バイクを購入するバイクショップの選び方

 

バイクを購入する時、重要なのがどこのバイクショップで買うかです。よくやりがちなのは、バイクの値段だけで決めてしまい、安いという理由だけでそのバイクショップを選んでしまうことです。バイク本体の価格が安くても乗り出し価格が高い店もありますし、その後のメンテナンス代が他のバイクショップより高いケースもよくあります。またあまり家から離れたバイクショップで買ってしまうとオイル交換や点検などその度に苦労することになります。

 

 

どこのバイクショップで購入した方が良いかの口コミ

 

バイクを買って走行距離1500kmになったけどこの前、段差で底付きしてフロントフォークを見たら片側からオイル漏れてた。修理してもらわなければいけないから購入した店に持って行ったけど新車保証では、修理出来ないと言われた。修理代を聞くとよく行くバイクショップの見積もりより5万円程高かったから驚いた。バイクの本体価格が安かったからここで買ったけど修理のことも考えたらよく行くバイクショップで買っとけばよかったと思った。このバイクショップなら代車も無料で貸してくれたのに。

 

バイクを買うとその店と長い付き合いになる。大きな店で買えば、点検や修理の待ち時間に綺麗な待合室でコーヒーが飲めたり、試乗会などのイベントもある。小さな店で買えば、点検や修理が終わるまで小汚い場所で立ちっぱなしで待つこともある。販売価格だけじゃなくその後の付き合いも考えてどこで買うか考えたほうがいい。

 

バイクの購入を検討していますがHONDAドリームとバイクセンターというチェーン店で比べるとHONDAドリームの方が約3万円高いです。 しかし、HONDAドリームは「アフターが他と違います」と言っています。でも結局ドリームも修理する時は、工賃を取ってやるわけだからチェーン店でバイクを買って浮いた3万円を後でかかるメンテナンス代として使った方がお得と思いバイクセンターで買おうと思う。

 

これまで乗ってきたバイクは、どれも非直系で買ったけど今まで何の不自由もした事ないよ。あえて言えば価格は、バイク本体の価格だけでなく、乗り出し価格で比較する事。サービスは、直系でも非直径でもそんなに大差は、無い。サービスマンの技能差の方が大事。あとできればバイクを買う時にオイル交換とかアフター料金についても質問しておいて比べるのも一つの手。たまにオイル交換でも凄い高い店がある。

 

最近は、ネットで一番安い店を探してそこで買ってもいいけど自分でメンテナンスができないなら結局家から一番近いところで買うのが結果安くなると思う。多少バイクの価格が安くても遠くの店で買ってしまうと行く手間や燃料代もかかるし、バイク本体の単価がそんなに高くないものなら多少高くても家の近くの店で買うほうがいい気がする。

 

 

保証期間も違うからそこも聞いておいたほうがいい。

 

HONDAドリームは、そこでバイクを購入してなくてもHONDAのバイクなら基準工賃で普通にメンテナンスしてくれるよ。バイクは、安い所で買って、メンテナンスは、後で比較すればいい。 HONDAドリームに電話でオイル交換は、いくらか聞いてみればいい。どこで購入したとか聞かれないし、同じだよ。

 

ドリームやYSPとかじゃない代理店のバイク屋で買っても特に問題ないけどその店で手に負えない部分があると他の店に委託整備に出されるから整備代が通常より高くなる可能性はある。代理店でバイクを購入するなら買う前にその辺を聞いてから契約した方がいいよ。でも最近の日本メーカーのバイクは、普通に乗って定期点検だけしておけば、特に壊れないけどね。

 

 

安い順で言えば「ネット>地元のバイク屋>レッドバロン」って感じだけどボラレ度とアフターサービスは反比例するから自分で点検や整備ができないなら高いところで買うっておまかせにするのが無難。

 

ネットで安く買う人は、自分で整備出来る前提。バイク屋は、ほとんどハズレの場合が多いからいろんな店を回って人柄で選べばいい。あと紹介してもらうのもあり。俺は、教習所の教官と仲良くなって紹介してもらった。

 

 

近所のバイク屋さんで買うのがオススメ。値段だってどこもたいして変わらないし、仲良くなったらサービスしてくれるよ。それに故障した時、近いのが助かる。

 

 

店員との相性も大切だよ。俺が通ってたバイクショップは、低料金で腕も良かったけどキャラが苦手で行くのが辛かった。オイル交換や部品交換でちょくちょくお世話になるから通いやすい店がいいよ。

 

 

バイクの本体価格が安い店は、諸経費がかなり高い場合があって総額で見ると安くないケースは、多い。

 

 

納車整備費用が無料のバイク屋があったから行ってきたけど、登録料が32400円だった。結局、地元の店の登録16200円、納車整備16200円と合計額が同じで無駄足になった。ちなみに登録料32400円のバイク屋に自分で登録するからそれを無しにしてと聞いたがダメだった。

 

 

車体価格低くして宣伝して客を集めて、違うところでお金を取る店多いよね。

 

 

バイクは、値段で選ぶより近場のバイク屋で買った方がいいよ。遠くの店で買うと近くのバイク屋に持っていっても面倒見ないって言われたり、基本整備(1万前後の点検整備)してくれたらそちらの希望の整備しますって言われる。

ホーム RSS購読 サイトマップ